お笑い・エンタメ

~頑張るあなたをハッピーに!毎日が楽しくなる生活ポータルサイト♪ライフスタイルオンライン~

【期待の異色タレント!!】日系外国人お笑いタレント!?

ç«ã²ããã®ãã­ãã£ã¼ã«

出典:http://neko-hiroshi.com/profile

 

ライフスタイルオンライン お笑いエンタメ担当・キャッチです!

 

日本で活動している日系カンボジアのお笑いタレント・マラソン選手の猫ひろし

 

あれっ?

「日本人だったような気がするけど、、、」と思う方もいらっしゃるかと思います。

 現在ではカンボジアとして幅広く活躍されていますが、純日本人の猫ひろしカンボジア人になるきっかけなどはご存知ではない方が多いと思います。

 数奇な人生を歩む、猫ひろしの経歴を紹介します。

 

猫ひろしとは? 

 

 出典:http://gree.jp/neko_hiroshi

 

猫ひろしのプロフィール

 

身長147cm 体重45kg

足のサイズ24cm

B86cm、W76cm、H86cm

 

1977年8月8日生まれ

星座:獅子座

性別:オス

血液型:A型

出身地:千葉県

職業:芸人、マラソン芸人、外国人タレント、動物タレント、カンボジアラソン選手。役者、作家

趣味:格闘技観戦、とにかく走ること、猫グッズ集め(300体以上)

長所:腰が低い

短所:腰の位置が低い

特技:卓球、ギャグ100連発、いつでもどこでも誰とでも寝れる、下から目線

ラソン:2016年リオオリンピック男子マラソンカンボジア代表

(ベストタイム:2015年東京マラソン2時間27分52秒)

夢:爆睡するので、見てもほとんど覚えていない。

 

2010年にはフルマラソン3時間切りのサブスリーランナーとなる。

2011年カンボジアにてオリンピック代表になるべく国籍を変更する。

一度、カンボジア代表でロンドンオリンピック出場決定となるが、IOCより参加基準を満たしていないと判断され、オリンピック消滅となった。

それでも走り続け、4年後のリオオリンピック出場を果たした!

引用:http://neko-hiroshi.com/profile

 

芸名の由来は?

ちなみに、「猫ひろし」はもちろん芸名です。

名付け親は、東京ダイナマイトの金髪の方(ハチミツ二郎です。

 

ãæ±äº¬ãã¤ããã¤ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

出典:https://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=2803

 

俳優の舘ひろしが由来となっていて、「タチ」は同性愛用語で"攻め役"="男役"を意味し、対して”女役”は「ネコ』と呼ぶことから舘ひろし」→「猫ひろしとなりました。

でも、猫ひろしは2007年にご結婚もされ、お子さんもいるそうです。(舘ひろしもです!!)




カンボジア帰化!?

åçã»å³ç

出典:https://www.asahi.com/articles/ASJ8632MXJ86UTQP00J.html

 

 TBSテレビの特番オールスター感謝祭に出演した際、赤坂5丁目ミニマラソンに参加し、そこでマラソンに目覚めたそうです。

 

 そして、堀江貴文がインターネットでやっていた番組に呼ばれ、「猫ひろし再生計画」というテーマで提案された企画の一つが「国籍を変えてオリンピックに出る」でした。番組の関係者は冗談のつもりで言っていましたが、猫ひろし本人は「面白いな。選手層が薄いカンボジアなら五輪代表になれるかも。」と思い、カンボジア帰化を目指しました。すると、所属事務所の関係者やその他大勢の応援してくれる仲間が味方に付き、カンボジア観光相や五輪委までも「観光振興やスポーツの活性化になる」と後押しをしてくれるようになりました。

引用:http://www.asahi.com/olympics/2016/special/nekohiroshi/

 



どんな状況でも、さらに挑戦している「猫ひろし」!

出典http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=2018&&country=6&&p=2#photo

 

 リオデジャネイロ五輪に、カンボジア代表となった猫ひろしカンボジアでの地名度は、実はあまりないそうです。

 そもそもオリンピックの存在を知っているカンボジア人自体が少ないんです。リオデジャネイロ五輪にも6名の選手が派遣されましたが、その全員が予選敗退か最下位争いでした。猫ひろしの結果は、140人中139位でした。

 43歳で迎える東京オリンピックに向けては「チャンスがあるんだったらやりますよ。でも、(年齢的には)猫だったら3回くらい死んでますんで」とジョーク交じりで語っていました。




まとめ

 今後もマラソンもお笑いもチャレンジしていくとのことで、純日本人の日系カンボジア人の猫ひろしの、お笑いだけでなく、スポーツを通してのカンボジアの観光振興などの幅広い活躍が楽しみです!



【こちらの記事を読んだ方には、こんな記事もオススメ】

www.entertainment.life-style-online.com

www.entertainment.life-style-online.com