お笑い・エンタメ

~頑張るあなたをハッピーに!毎日が楽しくなる生活ポータルサイト♪ライフスタイルオンライン~

【人見知りの方必見♪】島田紳助から学ぶトークを面白くする3つの秘訣

自分のトークで誰かを笑わせたい!なんて思ったことありませんか?

 

人生の中で1度はそう思った方はいることでしょう。そういう時に、自分が面白い!と思った経験をここぞというタイミングで話してみると、なぜか自分が思ったように相手に伝わらない。「へー」で終わってしまう。

 

逆に、たった一言で場を盛り上げる人、話を引き込ませて笑いに変える人、たくさんの引き出しを持っている人など、そういう人たちはだいたいクラスや職場の人気者です。そしていろんな人とコミュニケーションを取るので、人望があったり仕事を円滑に進めることができます。

 

ただ、彼らはそんな難しい技術を使っているわけではないし、面白い出来事に毎回遭遇してることもないです。だれにでもできる、たった3つの話し方のコツで変えることができます♪

 

そして、そのコツを教えてもらったのは、漫才ブームを牽引し2011年までテレビ界を引っ張ってきた「テレビ界の帝王」とまで呼ばれた元タレント「島田紳助」さんです!



島田紳助とは?

島田紳助

引用:島田紳助の画像・写真 | 『FNS26時間テレビ』で羞恥心が久々のそろい踏み 18枚目 | ORICON NEWS

 

引退する2011年まではたくさんの番組に司会として出演されていてどの番組も大人気でした。当時は「行列のできる法律相談所」「クイズ!ヘキサゴン」「人生が変わる1分間の深イイ話」などテレビで見ていてよく笑っていました。

 

・1974年に吉本興業に所属

・同期はなんと明石家さんまオール巨人などの大御所の方々

紳助竜介漫才コンビで大ブレイクし、当時の漫才ブームを牽引

・その後はコンビ解散し、お笑い系司会者として不動の地位を築く

参考:島田紳助 - Wikipedia

 

トークを面白くする3つの秘訣

テレビなどを見ていて島田紳助さんから学んだトークを面白くする3つの秘訣を書いていきます。これをマスターしたら、話すことが苦手な方でも目の前の相手はこうなります♪

 

最高の笑顔



1.話す前からハードル上げない

面白い話が聞ける!と期待すればするほど話のハードルを上げてしまうものです。

そして、友人同士で話し始めるときにこんな言葉を使っていませんか?

 

「最近、面白いことがあって!」

 

こんな言葉を最初に使ってしまったら最後。ハードルを上げてしまうだけなので、使いたくなったとしてもこらえましょう。

 

2.テンポ良く話し切る

お笑いの技術として「間」というものがあります。この技術はとっても難しいので、むやみにお笑い芸人のマネをしてあえて「間」を入れると話自体がぜんぜん伝わらなかったり滑ったりしてしまいます。

自分のテンポで「間」を入れずに話すことで、より伝わりやすくなります♪

 

3.感情を込めて話す

淡々と冷静に話すことで話のポイントが分からずに「へー」ってなってしまうものです。逆に、自分が体験したビックリしたことや悲しかったことなどを話したときに、話を聞いてる相手はまるで自分も体験しているかのように感情が伝わるので、自分でこの話は面白い!と思って話すことがポイントです♪

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
だれでも分かりやすく、すぐに実践できるものをまとめました。これ以外もたくさんの技術はありますが、あまり話すことが苦手という方にはこの3つのポイントをまずやってみることがオススメです♪

実践編としてこちらの動画をごらんください。これで自分が話すイメージをつけて準備は万端ですね♪

参考動画:島田紳助 心に響く言葉詰め合わせ 復帰を願う - YouTube

 

一番大事なことは、面白い雰囲気が伝わることです。ぜひ、自信をもってまずはチャレンジしてみてください♪