お笑い・エンタメ

~頑張るあなたをハッピーに!毎日が楽しくなる生活ポータルサイト♪ライフスタイルオンライン~

【メタルとアイドルの融合?!】世界に知られる日本人アーティストとは

本日、ご紹介したアーテイストは、日本の枠をこえて世界へ飛び出し、活躍している日本人アーテイスト、BABYMETALです。

 

【BABYMETAL】

f:id:behappy6:20180330142808j:plain

 

出典:http://www.babymetal.jp/home/

 

 

まずは、お聞きください。

めちゃめちゃ頭に残るサウンドです。

 

ギミチョコ

https://youtu.be/WIKqgE4BwAY

出典:YouTube

 

・2010年に、「アイドルとメタルの融合」をコンセプトに結成された「BABYMETAL(ベビーメタル)」。

・アイドルグループ「さくら学院」のメンバー3人が「重音部」として活動する派生ユニット

 

■メンバー構成

・ボーカル&ダンス担当

SU-METAL(中元すず香

f:id:behappy6:20180330142719j:plain

出典:http://livedoor.blogimg.jp/metalboy/imgs/b/9/b9c3ce24.jpg

 

1997年12月20日生(20歳) 

血液型B 

広島県出身 

アミューズ所属

身長:160cm(’17年6月現在)

中元三姉妹の末っ子で、1歳年上の姉はアイドルグループ乃木坂46中元日芽香

趣味:読書(好きな作品は東野圭吾赤川次郎など、ミステリー系)

好きな食べ物:お好み焼き、チーズケーキ

今集めている物:文房具、本屋さんでもらうブックカバー

初めての海外:シンガポール

別名:「メタルクイーン」「メタルの女神」「黒髪のヴァルキー」「エルフの耳」

「世を忍ぶ仮のポンコツ、ステージでは女王SU-METAL」「メタル界の長嶋茂雄

 

歌が超絶うまく、ライブでのインパクトがあり、かっこいいです。

そんなかっこよすぎなSU-METALさんは、実はかなり天然ボケとかで、ファンはこのギャップにやられてしまいますね。

 

出典:世界中で大人気のBABYMETALのボーカルはギャップがヤバイ!!【SU-METALこと中元すず香

https://matome.naver.jp/m/odai/2146025142950200801?page=2

 

 

 

・ダンス&スクリーム担当

YUIMETAL(水野由結)

f:id:behappy6:20180330142237j:plain

出典:http://livedoor.blogimg.jp/metalboy/imgs/2/6/2601edc7.jpg

 

1999年6月20日生(18歳) 

血液型O 

神奈川県出身 

アミューズ所属

身長:156.5cm(’17年6月現在)

好きな言葉(座右の銘):完全燃焼

趣味:シール集め、ダンス

好きな食べ物:トマト、きゅうりの浅漬け、オムライス、こんにゃくゼリー、ミルクレープ

好きなスポーツ:サッカー、バレーボール

好きな漫画・アニメ:ディズニー

別名:「ナチュラルアイドルYUIMETAL」「メタルの天使」

「クルクルピョンピョン、ダンスの天使YUIMETAL」

 

特に美少女と言われてて、そしてSU-METALに負けないくらい天然ボケがかわいすぎます。

そんなYUIMETALは、最近は体調が良くないとかファンから心配されてます。

 

『YUIMETAL』と言う"超絶美少女"について【BABYMETAL】

https://matome.naver.jp/m/odai/2147900075816157101

出典:naver

 

 

 

・ダンス&スクリーム担当

MOAMETAL(菊地最愛)

f:id:behappy6:20180330142205j:plain

 

 

出典:http://bmparadise.blog.jp/archives/10611872.html

 

 

 

・ダンス&スクリーム担当

1999年7月4日生(18歳) 

ひとりっ子 

血液型A 

愛知県出身 

アミューズ所属

身長:154.5cm(’17年6月現在)

好きな言葉(座右の銘):誰かの笑顔の理由になりたい

趣味・特技:食べること

好きな食べ物:いちご、乾き物、ママの手料理、軟骨のから揚げ、うめぼし、つくねの梅しそ

学校の給食で好きな物:あげぱん、冷凍みかん、さばの味噌煮

お気に入り寿司ネタ:えびアボガド&中トロ

好きな飲み物:トマトジュース、野菜ジュース、おいしい青汁

別名:「アイコンタクトの女王」「ベビメタ煽り隊長」「小悪魔メタル」「カエルもなつく小悪魔MOAMETAL」「菊地プロ」

 

YUIMETALとすごく似てると間違えられるくらい美少女で、なおかつ、すごくプロ意識というか、愛され方を知ってる!完成されたアイドルとまで言われてます。

 

菊地最愛(MOAMETAL)が菊地プロと呼ばれる理由・BABYMETAL

https://matome.naver.jp/m/odai/2146582286113579901?page=2

出典:naver

 

 

【彼女らを支えてるのが超天才集団バックバンド】

神バンド

 

f:id:behappy6:20180330141949j:plain

出典:naver

 

3人のフロントアクトを中心に、日本の音楽史に燦然とその名を刻むドラマー青山純の長男であるドラム担当の青山英樹氏や日本では数少ない六弦ベースを操る棒手大輔氏、数々の有名バンドを掛け持つギター担当の大村孝佳氏や伝説のV系メタルバンドDELUHI出身のギター担当Leda氏など、超絶技巧で有名な多くの凄腕ミュージシャンで編成されてます。

 

 

■どのように海外に人気が出てきたか、、、

・53年ぶりにビルボードTOP40にランクインしたkawaiiとメタルの融合

日本国内だけでなく海外でも人気を得ているアーティストとして、筆頭にあげるのはBABYMETAL(ベビーメタル)です。

ボーカルのSU-METALの初の凱旋公演となる「BABYMETAL<LEGEND – S – 洗礼の儀 ->」が2017年12月2日(土)、3日(日)広島グリーンアリーナにて行なわれたばかりの彼女たち。メンバーの一人であるYUIMETALが体調不良により公演を欠席するというトラブルに見舞われたにも関わらず平均年齢18歳の彼女たちはたった2人でアリーナクラスのライブを大成功に導き、改めて彼女たちの凄さをファンに知らしめる結果となりました。

BABYMETALはもともと「さくら学院」という成長期限定アイドルグループの部活動ユニット「重音部」として、2010年11月28日に横浜赤レンガ倉庫で行われたさくら学院初のワンマンライブ「さくら学院祭☆2010」で初披露されたユニットのひとつでした。

 

注目を集めた理由

そんな彼女たちが注目を集めた大きな理由のひとつはラウドミュージックに精通したプロデューサーの小林啓氏(アミューズ)が発明した「アイドルとメタルの融合」をコンセプトにした独自性と意外性のアイディアです。たとえば、キツネ様と呼ばれるメタルの神様がメンバーに憑依をしているというユニークな設定、ゴシック要素を含んだ赤と黒が基調の衣装、人差し指と小指を立てたメロイック・サインを模した独自のポーズ(キツネサイン)などがあります。

 

実は日本でも2014年3月に女性アーティストでは史上最年少(当時の3人の平均年齢は14.6歳)で日本武道館のワンマンライブを2日間、計2万人を動員し成功させるほどの人気と実力をもっていました。しかし、BABYMETALは国内の人気もさることながら、ヘビーメタル好きの多い海外での知名度や人気はさらに高いといわれています。

 

1つ目 BABYMETALのオンライン戦略

彼女たちはオンラインとオフラインの両方でファンを獲得しているのが特徴です。

オンラインではYouTubeを使い、ミュージックビデオを全世界向けに配信しました。

2014年にYouTubeにアップされた、元THE MAD CAPSULE MARKETS上田剛士氏作曲の『ギミチョコ!!』(2014年2月25日公開)は世界中で再生され、彼女たちの独自性と意外性に注目が集まるようになりました。その再生回数は7,900万回にのぼります(2017年11月21日現在)。

BABYMETALの評判を聞きつけた海外のYouTuberたちが自身の「リアクション動画」で彼女たちを取り上げることで評判が評判を呼び、ネットを介して世界中に拡散していく様はまさに現代の最先端マーケティングといっても過言ではないでしょう。

 

2つ目 BABYMETALのオフライン戦略

オフラインでは、フェスへの参加や世界的に有名なアーティストとの共演を重視しています。たとえば彼女たちのもっとも大きなターニングポイントとなった2014年7月にイギリスで開催された欧州屈指のメタル・フェスティバル「Sonisphere Festival UK」では日本人アーティストとしては異例の大抜擢となったメインステージに出演し6万5千人の観衆を集め、さらに2015年8月には世界的なフェス「Reading & Leeds Festival」に同フェスティバル史上最年少でメイン野外ステージ出演するなど露出を増やしていきました。

それだけではなく、2014年の世界進出からこれまでに世界中でワンマンライブを行い、ファンにパフォーマンスを届けたのです。その数は2016年に行った約5ヶ月半にわたるワールドツアーだけでも実に22公演・約45万人にのぼると発表されています。

世界的に有名なアーティストとの共演では、2014年にLady Gagaレディ・ガガ)のワールドツアーにおけるオープニングアクト、2017年1月にはMETALLICAメタリカ)ソウル公演のオープニングアクトガンズ・アンド・ローゼズのジャパンツアーでのオープニングアクト、さらに同年4月にはRed Hot Chili Peppers(レッドホットチリペッパーズ、以下レッチリ)のアメリカツアーのオープニングアクトとして彼らのツアーに参加しています。なお同公演のマイアミ公演ではレッチリメンバーがオープニングアクトであるBABYMETALのステージで神バンドのメンバーとともに『ギミチョコ!!』を演奏するなど、日本人アーティストがこれまで経験した事のない怒涛の活躍を見せています。

 

 

BABYMETALはランキングでも世界を圧倒中

2016年4月にリリースされた2ndアルバム「METAL RESISTANCE」は日本人として53年ぶりに全米ビルボードチャートのランキングでTOP40入りしたほか、同年にはロックが好きな人の聖地とも言えるイギリスの「ウェンブリーアリーナ」で日本人のアーティストでは初のワンマンライブを開催し、約12,000人の観衆の前で17曲をほぼノンストップで披露し大成功を収めました。

更に2017年6月にはアメリカ・ロサンゼルスの「ザ・パラディアム」ホールで行われた自身のUSツアーにおいて元PANTERAのドラマー、ヴィニー・ポールを中心に結成されたバンドHELLYEAH(ヘルイェー)をゲストに迎えた単独公演を成功させるなど、彼女たちの人気や勢いがとどまることはありません。

 

 

まとめ

BABYMETALのもつ独自性と意外性は、オンラインとオフラインを戦略的に活用していくことでこれまで以上に世界中に広まっていくことでしょう。

また彼女たちの活躍が世界に知られることで新たな日本人アーティストに注目が集まる可能性もあり、そういった意味では「クールジャパン戦略」といったトップダウン型の世界戦略とは異なる手法で、その他の日本人にも「世界への扉」を開きつつある状態と言っても過言ではないです。

 

現在、日本だけでなく世界でも人気なアーテストはたくさんいます。

・ロックバンドのONE OK ROCK

・ギターリストのMIYAVI

・原宿系アーテストのきゃりーぱみゅぱみゅ

・オオカミ系ミクスチャー系バンドのMAN WITH MISSION

・ロックバンドのL'Arc~en~Ciel

etc....

これからも彼らや彼女らの活躍を応援していきながら、日本の魅力を届けてもらいたいです。